不倫の慰謝料は一般的

慰謝料を受け取ることができる物事の中には不倫も含まれます。これは結婚後には意外と多くのケースで発生する慰謝料とも言われています。支払うのは当然ながら不倫をした側であり、受け取れるのは不倫をされた側です。また、不倫相手とも称される男性や女性も慰謝料を請求されるケースが増えています。

「慰謝料」とは,浮気・不倫(不貞行為)によって配偶者の方が受けた精神的なダメージや,夫婦関係の破たんなどの損害を償うための金銭のことです。
出典元 〔浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

相談そのため、このようなケースで自分が不倫をされてしまった側であれば、慰謝料を受け取ることができますので、その点は覚えておきましょう。既婚者の場合には怒りに任せて離婚してしまい、あとから慰謝料を受け取れたと知るケースも多いのですが、たしかに怒りはごもっともですが、そのまま何も受け取らずに離婚してしまうのはもったいないとも言えるので、きちんともらうべきものをもらった上で離婚などの話に進んでいきたいものです

また、離婚と同時に慰謝料の話も進めるケースがありますので、そのような流れでも可能です。しかしながら、どのようなケースであっても口約束だけで終わらせてしまうと、あとからトラブルの原因などになりますので、弁護士などに間に入ってもらって、書面に残しておくことが大切です。きちんと支払いが履行されるためにも重要なポイントです。

Pocket

慰謝料が発生する案件

お金慰謝料というお金を受け取れるケースには様々なものがあります。たとえば、交通事故などで被害を負った場合、治療費や修理費用など様々なお金を受け取れますが、それ以外に慰謝料が上乗せされることもあります。さらに死亡事故ともなれば遺族がその受け取りをおこなうことができます。亡くなった場合には数千万円から億単位ともなります

さらに、それ以外でもたとえば利用したサービスによって被った迷惑がある場合、慰謝料が払われることもあります。病院において間違った対処をされたために被った迷惑などでは慰謝料が発生します。また、タクシーやバスなどに乗った際にも運転手の過失によって何かしらの迷惑を被った場合に慰謝料を受け取れるケースがあります。

さらに、よくあるパターンとしては何かを購入した際に、間違った品物が入っており、それを利用したい当日に利用できなかったような場合も同様です。また、近所の人々とのトラブルによって、相手方から慰謝料を受け取れるケースもあります。このように日常の中には様々なケースがあり、慰謝料を受け取れるケースもあるのです。そのため、こうした事例に遭遇した場合には交渉することも忘れないでおきたいものです。最後に不倫の慰謝料につい説明します。

Pocket

慰謝料を受け取りたい

六法慰謝料という言葉を聞いたことがあるでしょうか。言い方を変えれば迷惑料のようなもので、迷惑をかけた人がその被害者とも言える相手方に対して支払うお金を言います。そして、意外とこの言葉は知っていても、どのようなケースで受け取ることができるのかを知らない人も多いものです。そのため、実際に詳しく知っていれば問題なく慰謝料を受け取れるようなケースであっても受け取れることを知らないがためにそのまま何も得られないままに過ごしてしまうということもあるのです。

そのような事態になってしまえば、あとからその事実を知っても遅いので、やはり知識はきちんと持っておきたいものです。さらに言えば、慰謝料にはそれぞれの内容に応じて相場のようなものもありますので、併せてこうした情報に関しても把握しておきたいものです。これらの情報を把握していることによって、いざ自分が様々な状況に置かれた際にスムーズに受け取ることができるからです。

また、内容によって異なってきますが、慰謝料の金額は数千万円や億単位となることもあります。そのため、このようなお金を得られるか得られないかは、人生においてとても大きなことです。だからこそ、きちんと受け取ることを考えておきましょう。ここでは、どのようなケースにおいて慰謝料が受け取れるのか、その具体的な事例を紹介していきます。ぜひ、慰謝料に関する正しい知識を覚えて、今後の人生に有効活用していくようにしてください。

Pocket