慰謝料を受け取ることができる物事の中には不倫も含まれます。これは結婚後には意外と多くのケースで発生する慰謝料とも言われています。支払うのは当然ながら不倫をした側であり、受け取れるのは不倫をされた側です。また、不倫相手とも称される男性や女性も慰謝料を請求されるケースが増えています。

「慰謝料」とは,浮気・不倫(不貞行為)によって配偶者の方が受けた精神的なダメージや,夫婦関係の破たんなどの損害を償うための金銭のことです。
出典元 〔浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

相談そのため、このようなケースで自分が不倫をされてしまった側であれば、慰謝料を受け取ることができますので、その点は覚えておきましょう。既婚者の場合には怒りに任せて離婚してしまい、あとから慰謝料を受け取れたと知るケースも多いのですが、たしかに怒りはごもっともですが、そのまま何も受け取らずに離婚してしまうのはもったいないとも言えるので、きちんともらうべきものをもらった上で離婚などの話に進んでいきたいものです

また、離婚と同時に慰謝料の話も進めるケースがありますので、そのような流れでも可能です。しかしながら、どのようなケースであっても口約束だけで終わらせてしまうと、あとからトラブルの原因などになりますので、弁護士などに間に入ってもらって、書面に残しておくことが大切です。きちんと支払いが履行されるためにも重要なポイントです。

Pocket